補聴器スタイル

PHOTO BY TOMIO YAMADA

オーダーメイド耳あな型補聴器

あなたの聴力に合わせて、最適な聴こえになるよう作り上げるオーダーメイドの補聴器です。機能面では、それが耳穴中央部に収まることで、音の集音域で効果的に音を捕らえ増幅します。これは会話音の識別に大切な高音域の音が強調されるので、ことばの聴きとりに抜群です。また、電話も苦にせず受けることができ、汗によるトラブルにも強い補聴器です。

超小型CIC

一番小さいタイプで耳の奥深くにぴったり収まりますので、外からほとんど見えません。

推奨される適応範囲
◯ 軽度 ◯ 中度 ☓ 高度
片耳価格
170,000~500,000
両耳価格
306,000~850,000

カナル

種類も豊富で適応範囲の広いタイプ。小さくあまり目立たず、安定感もありCICより操作しやすいのが特徴です。

推奨される適応範囲
◯ 軽度 ◯ 中度 ☓ 高度
片耳価格
170,000~500,000
両耳価格
306,000~850,000

カスタム

さまざまなタイプの難聴に広くお使いいただけ、耳にしっかりと収まります。高度難聴にも対応する強力型です。

推奨される適応範囲
◯ 軽度 ◯ 中度 ◯ 高度
片耳価格
170,000~500,000
両耳価格
306,000~850,000

耳かけ型補聴器

耳かけ型補聴器

広範囲の聴力レベルに適応しており、操作がしやすいうえに、種類が豊富です。最近では小さくスマートなデザインのものがあり、外からほとんど見えません。

適応範囲
◯ 軽度 ◯ 中度 ◯ 高度
片耳価格
130,000~550,000
両耳価格
234,000~930,000

より自然な聞こえが得られる
両耳装用が効果的です。

人間に備わった左右の耳。この両耳に補聴器をつけることで、2つある耳の本来の機能を生かした、より自然な聴こえが得られます。音の方向感覚がつかみやすく、騒音下での聴き取りもより改善され、耳への負担も軽減されます。お求めやすいように両耳価格も設けてあります。